全国高校サッカー選手権大会の県大会で星稜を破り三年ぶり二回目の優勝を果たし、全国選手権に出場する七尾市の鵬(おおとり)学園のメンバーが十二日、市役所を訪問し、不嶋豊和市長に報告した。河村怜皇(れお)主将ら四人は県大会での激闘を振り返り、「全国優勝を狙う」と力強く語った。(中川紘希)

七尾市長に報告

 いずれも三年の河村主将と島田凌選手、永田貫太選手、前原瑞穂選手と赤地(あかち)信彦監督、上野了治校長が訪れ、不嶋市長に祝福された。

 県大会では、相手に警戒され守りを固められる試合が多く、準々決勝、準決勝は延長の末...    
<記事全文を読む>