(全国高校サッカー埼玉大会 第6日、10日・NACK5スタジアム大宮)=埼玉新聞社など後援

 準決勝を行い、西武台と昌平がそれぞれ勝って17日の決勝(14時5分・埼玉スタジアム)に進んだ。決勝進出は西武台が4年ぶり6度目、昌平が3年連続4度目。両校が選手権予選の決勝で顔を合わせるのは初。

 高校総体県予選王者の西武台は、国際学院を2―1で退けた。前半6分、村田智が放ったシュートのこぼれ球に飛び込んだ寺川が左足で先制ゴール。後半18分には寺川の左CKに村田智が頭で合わせて追加点を奪い、反撃を1点に封じた。

 今季の県S1リーグで4連覇を達成している昌平...    
<記事全文を読む>