第98回全国高校サッカー選手権県大会の決勝が10日、高知市の春野陸上競技場で行われ、高知が中央を2―0で下し、7年ぶり16度目の全国出場を決めた。

 高知 攻守に組織力 
 前半は0―0。高知は後半26分、MF吉尾の右コーナーキックをDF林が頭で合わせて先制。ロスタイムにはFW楠瀬からのクロスを受けたFW川上がトラップで相手DFをかわしながらシュートを決め、突き放した。中央は攻撃陣が封じられ、見せ場をほとんどつくれなかった。

 全国高校選手権は12月30日、駒沢陸上競技場で開幕。決勝は1月13日、埼玉スタジアムで行う。組み合わせ抽選会は今月1...    
<記事全文を読む>