サッカーの全国高校選手権の代表決定戦が9日、8県であった。島根は立正大淞南が大社を4―0で下し、4年連続18度目の出場を決めた。立正大淞南は前半19分に山田真がPKを決めて先制。2―0で折り返すと、後半も2得点して引き離した。

...    
<記事全文を読む>