サッカーの兵庫県高校選手権を兼ねた第98回全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)は4日、同県洲本市のアスパ五色で準決勝2試合があり、県西宮が2-0で報徳を下し、準優勝だった前回大会に続く決勝進出を決めた。

 昨年初めて決勝に進んだ県西宮が、今年も頂上決戦の舞台にたどり着いた。「忘れ物を取りに行く」。試合後、GK好井主将は保護者らが見守るスタンドに向け、イレブンの思いを代弁。喜びよりも雪辱への気持ちを表現した。

  ...    
<記事全文を読む>