サッカーの兵庫県高校選手権を兼ねた第98回全国高校選手権兵庫県予選(神戸新聞社後援)は4日、洲本市のアスパ五色で準決勝第2試合があり、県西宮が2-0で報徳を下し、準優勝だった前回大会に続く決勝進出を決めた。

 県西宮は前半に2点を先行。後半は守備の集中を切らさず、報徳の反撃を封じた。

 初優勝を目指す決勝は、4年ぶりの頂点を狙う神戸弘陵と激突する。11月10日午後1時、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でキックオフ。

...    
<記事全文を読む>