第98回全国高校サッカー選手権和歌山大会は2、3日、田辺スポーツパークと上富田スポーツセンターで3回戦と準々決勝があった。田辺は3日の準々決勝で和歌山工業と対戦し、1―1で前後半を終えたがPK戦(4―5)で敗れ、惜しくもベスト4進出を逃した。

 田辺は前半17分、カウンターでチャンスをつくると、右サイドからのパスを受けた左MF坂倉(2年)が抜け出して冷静にゴールを決めた。前半終了間際に和歌山工業に1点を奪われ1―1の同点とされ、後半開始早々には和歌山工業にPKを与えたが、田辺のGK麻野(2年)がセーブして勝ち越しを許さなかった。その後は一進一退の攻防が続き、前後半...    
<記事全文を読む>