(第5日、3日・浦和駒場スタジアム=埼玉新聞社など後援)

 準々決勝の残り2試合を行い、聖望学園と昌平がそれぞれ勝ってベスト4が出そろった。4強入りは聖望学園が初、昌平は7年連続7度目。

 高校総体県予選で準優勝し、初タイトルを目指す聖望学園は、初8強の細田学園に2―1で競り勝った。前半4分、左サイドの矢島からパスを受けた塚田が豪快な左足ミドルを決めて先制。同34分に斉藤のゴールで同点とされたが、後半35分に柑子木が獲得したPKを塚田が決めて勝ち越した。

 県新人大会王者の昌平は、小見が4得点の活躍で正智深谷に5―0と快勝した。前半13分、大竹の左ク...    
<記事全文を読む>