第98回全国高校サッカー選手権県大会(岐阜新聞社 岐阜放送主催)第6日は2日、長良川球技メドウで準決勝を行い、全国総体に続く全国出場を目指す帝京大可児が大垣日大に2―0で勝利し、決勝進出。各務原は4―3で中京学院大中京との延長戦にもつれる激戦を制し、決勝に駒を進めた。

 帝京大可児は序盤から両サイドを中心に崩して優位に試合を進め、前半終了間際の39分、FW横井内壮のシュートで先制。後半もゴール前で再三好機をつくると、31分に途中出場の三品直哉が追加点を奪った。

 各務原は前半に3点を奪われながら、MF野倉優のゴールなどで1点差とし、終了間際、同点に追いついた。延...    
<記事全文を読む>