サッカーの第98回全国高校選手権埼玉大会(埼玉新聞社など後援)は2、3日の両日、浦和駒場スタジアムで準々決勝が行われる。組み合わせは西武台―西武文理、埼玉栄―国際学院、昌平―正智深谷、細田学園―聖望学園。8強を独占した私学勢が、4強入りを懸けて激突する。

 県新人大会決勝と同カードとなった昌平―正智深谷は注目の一戦。中盤が強力な昌平は、MF須藤、鎌田、紫藤などの個人技で波状攻撃を仕掛け、予測能力の高いボランチ柴が危機の芽を摘み取る。正智深谷は攻撃の核となる左MFの波多野が2戦連発と好調で、守備もCB山田を中心に堅い。攻守でレベルの高い試合になりそうだ。

 第2シ...    
<記事全文を読む>