第九十九回全国高校ラグビー県大会の決勝が十七日、静岡市駿河区の草薙球技場であり、静岡聖光学院が17-12で東海大静岡翔洋との接戦を制し、連覇を果たした。優勝は六回目。

 静岡聖光学院は、前半9分、自陣右中間でのスクラムからの相手パスを奪ったウイング赤津圭哉選手が独走し、先制トライ。同点で折り返した後半序盤、スタンドオフ高橋謙選手、左センター大西馨汰主将が立て続けにトライを決め、勝機を呼び込んだ。

 東海大静岡翔洋は、前半20分にゴール前でのラックから1トライを返し同点に。後半は攻め込まれたものの、試合終盤にトライとゴールを決めて5点差まで詰め寄ったが、及ばなかっ...    
<記事全文を読む>