全国高校ラグビー大会県予選(県教育委員会など主催、山口新聞社共催)は17日、長門市の俵山スパスタジアムで決勝があり、山口が大津緑洋を14―9で下し、2年ぶりの優勝を果たした。

 山口は3点を追い掛ける前半27分に梅田歩武がトライを決めて逆転。後半に入ってすぐに逆転されて苦しい展開が続いたが、試合終了間際に村上青のトライで再逆転し、ノーサイドとなった。

...    
<記事全文を読む>