第99回全国高校ラグビー静岡県大会(静岡新聞社・静岡放送後援)は17日、草薙球技場で決勝を行い、聖光が17―12で東海大翔洋を下して2年連続6度目の優勝を飾った。昨年に続き新人大会、総体と県3冠を達成した。
 聖光は前半9分、自陣でインターセプトしたWTB赤津圭哉が約60メートルを独走して先制。その後同点とされたが、後半7分にSO高橋謙、12分に主将のCTB大西馨汰がトライを挙げてリードを広げた。
 東海大翔洋は前半20分にナンバー8岩崎允鷹がトライ。後半25分はフランカー金川哲士のトライとSH斎藤優希のキックで5点差に迫ったが、あと一歩及ばなかった。
 ...    
<記事全文を読む>