第99回全国高校ラグビー大会県予選は17日、ニッパツ三ツ沢球技場で決勝が行われ、桐蔭学園が38-14で東海大相模を破り、5年連続18度目の優勝を飾った。桐蔭は12月27日に大阪・東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。

 桐蔭は開始早々に先制を許したが、前半17分にロック青木恵斗(2年)、同22分にフランカー石塚勝己(3年)のトライなどで逆転。後半も2トライやPGなどを加えて突き放した。

 聖地での戦いを見据えた60分間だった。桐蔭学園が堂々の5連覇で王者の風格を見せつけた。

 開始3分に今大会初の先制トライを許しても、フィフティーンは...    
<記事全文を読む>