第99回全国高校ラグビー和歌山県大会は14日、和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場で準決勝があり、熊野は和歌山工業に7―40で敗れた。

 熊野は前半、開始早々にトライを奪われて浮足だち、立て続けに失点した。体格が上回る相手に果敢なタックルでチャンスをつくるものの得点には至らず、0―26で折り返した。

 後半10分、熊野のBK佐久間(2年)が相手を振り切って右中間へトライを決めた。BK橋園(3年)のゴールキックも決まり、7点を返したが、その後2トライを奪われ引き離された。

 熊野の副主将のFW小鮒和樹君(3年)は、4月に左膝を...    
<記事全文を読む>