第九十九回全国高校ラグビー大会県予選の決勝が十日、大津市御陵町の皇子山陸上競技場であり、光泉(草津市)が滋賀学園(東近江市)を63-0で破り、三年ぶり九回目の優勝を果たした。十二月二十七日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で始まる、全国大会へ出場する。

 光泉は前半4分、ゴールライン近くでのラインアウトから、モールで滋賀学園の守備を押し切り、トライで先制した。さらに林隆大(三年)、森寛大(二年)両選手などが相次ぎトライ。ゴールキックも確実に決めて得点を重ね、35点差で折り返した。後半も、11分に三宅颯馬(そうま)選手(三年)がトライを決めるなど、光泉が積極的な攻撃で28点を追...    
<記事全文を読む>