第九十九回全国高校ラグビー大会県予選の決勝が九日、小浜市総合運動場陸上競技場であり、若狭東が63-0で若狭に快勝した。四年連続三十一回目の優勝で、十二月二十七日に大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会への出場を決めた。

 若狭東は前半3分、プロップ富田凌仁選手(三年)が先制トライ。勢いに乗り、同6分にFB左近田悠矢選手(同)、同16分にロック清水大翔選手(二年)がトライを決め、試合の流れを引き寄せた。後半も着実に加点し、リードを広げた。

 若狭は後半、攻める場面が目立ったが、若狭東の厚い守りに阻まれた。

  

 ...    
<記事全文を読む>