第99回全国高校ラグビー和歌山県大会は4日、上富田町朝来の上富田スポーツセンターで準々決勝の4試合があった。熊野は田辺に38―7で勝った。田辺工業は0―119の大差で和歌山工業に敗れた。

 熊野―田辺は、熊野が前半16分、BK佐久間(2年)が右中間にトライを決めて先制。その後は熊野が前にプレッシャーをかけて主導権を握り、計6トライを奪った。田辺は試合終了間際にFW谷口(3年)が押し込んでトライした。

 熊野の谷本瑠佳主将(3年)は「春から『打倒・和工』を目標に掲げてきたので、準決勝ではその成果をどこまで出せるか」と意気込んだ。
<記事全文を読む>