高校ラグビーの第99回全国大会群馬県予選は4日、前橋市の県営ラグビー場で準決勝2試合を行い、太田が県新人、県総体優勝の農大二と19―19で引き分けて抽選により決勝に進出、2連覇を目指す桐生第一は25―24で明和県央に逆転勝ちした。太田の決勝進出は花園初出場の2012年度以来7年ぶりで、公立勢としても13年の高崎以来6年ぶり。桐生第一は3年連続。決勝は10日午前10時半から同ラグビー場で行われる。

▽準々決勝
太田 19(12―7)19 農大二
    (7―12)
(抽選により太田が決勝進出)
桐生第一 25...    
<記事全文を読む>