第99回全国高校ラグビー大会県予選(大分合同新聞社後援)第4日は3日、大分市の豊後企画大分駄原球技場で準決勝があった。第1試合は東明が上野丘から12トライを奪って快勝した。第2試合は舞鶴が高田を圧倒し、83点を挙げて決勝に進んだ。4大会連続で同じ顔合わせとなった決勝は、10日午後1時5分から同球技場である。34連覇を目指す舞鶴と初優勝を狙う東明がぶつかる。

〇東明快勝、引かずに12トライ
 悲願の初優勝を狙う東明は危なげない試合運びで4年連続の決勝進出を決めた。白田誠明監督は「立ち上がりに相手が低いタックルを仕掛けてきたが、引かずにプレーできたことがよか...    
<記事全文を読む>