ラグビーの第99回全国高校大会県予選第5日は3日、水戸市の堀原運動公園競技場で準決勝2試合が行われ、第1シード茗渓学園が17年連続34度目、第2シード日立一が31年ぶり19度目の決勝進出を決めた。両校が決勝で顔を合わせるのは31年ぶり7度目。

茗渓学園は開始数十秒でトライを奪うと、その後も攻め続けて計16トライ。磯原郷英に106-0で圧勝した。日立一は後半に3点差に詰め寄られたが、その後3トライを決めて東洋大牛久を突き放した。

最終日は17日午後1時から、同市のケーズデンキスタジアム水戸で茗渓学園-日立一の決勝を行う。

...    
<記事全文を読む>