第99回全国高校ラグビー三重大会は3日、スポーツの杜鈴鹿メーングラウンドで決勝があり、8年連続10回目の優勝に挑む朝明と、初優勝を目指す四日市工が3年連続で激突する。優勝校は12月に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。両チームとも攻守でバランスの取れたチームで好勝負が期待される。

8連覇に挑む朝明は主将のPR羽田昂生(3年)を中心に接点を何度も繰り返し相手ディフェンスを消耗させたい。花園で勝てるチームを目指し専属のフィジカルコーチの指導でトレーニングを積んできた。セットプレーにも自信を持つ。

バックスを中心にタレントがそろった旧チー...    
<記事全文を読む>