アメリカンフットボールの兵庫県高校総体(神戸新聞社後援)を兼ねた県高校秋季大会最終日は13日、神戸市灘区の王子スタジアムで決勝が行われ、関学が20-17で啓明を下し、2年連続48度目の優勝を飾った。

 関学が磨いてきたラン攻撃が実った。ラン獲得ヤードは相手の約2倍、197ヤード。「ごりごり押せた」と中尾監督。ここ3年間で2度苦杯をなめた宿敵の猛追を振り切った。

...    
<記事全文を読む>