第72回全日本バレーボール高校選手権県代表決定戦最終日は26日、別府市のべっぷアリーナで男女の決勝があった。男子決勝は大分南が鶴見丘を3-1で下し、初の頂点に立った。女子決勝は東九州龍谷が大分商に3-0で快勝し、20年連続35回目の栄冠に輝いた。男女の優勝校は全日本選手権(来年1月5日開幕・東京都武蔵野の森総合スポーツプラザ)に県代表として臨む。

 

 【評】大分南は鶴見丘との息詰まる接戦を制し、初優勝した。大分南はリベロの森田を中心に粘り強いサーブレシーブが光った。セッター甲斐の巧みなトス回しに、城井や斎藤が強打を次々に打ち込んだ。要所では衛藤や羽田野のブロックが...    
<記事全文を読む>