バレーボールVリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは26日、長崎県島原市の島原復興アリーナでJTサンダーズとの今季開幕戦に臨んだ。各セットで競り合う場面もあったが、勝負どころで上位チームの圧力に押され、1セットも取れずに完敗。悔しい黒星発進となった。
 大分三好は27日、同会場で堺ブレイザーズと対戦する。

 【評】各セットでしぶとさを見せた大分三好だったが、JTの高さとパワーの前に完敗した。
 大分三好は第1セット、バグナスが攻守の起点となって得点に絡み、粘りのバレーを展開した。だが高位置から強打を打ち込まれるなど差を詰め切れず、20―25...    
<記事全文を読む>