男子第72回・女子第33回佐賀県高校駅伝競走大会(佐賀新聞社など後援)は27日、佐賀市のスポーツパーク川副多目的広場北道路を発着点に、佐賀空港付近などを通る周回コースで開かれた。男子(7区間42・195キロ)は、鳥栖工が2時間7分11秒で10年連続44度目の優勝。女子(5区間21・0975キロ)は白石が1時間12分26秒で6年ぶり7度目の頂点に立った。

 男子の鳥栖工は全区間で区間賞を獲得し、2位白石に8分46秒の大差を付けてゴール。前年から2分20秒タイムを短縮し、敢闘賞も受賞した。前年の11位から7位に順位を上げた武雄が躍進賞に輝いた。

 女子の白石は2区で...    
<記事全文を読む>