全国高校駅伝競走大会県予選を兼ねた県高校駅伝競走大会が26日、長井市の光洋精機アスリートフィールド長井(同市陸上競技場)発着の「ながい黒獅子ハーフマラソンコース」で繰り広げられる。男子は単独17、合同1の計18チーム、女子は単独19、合同1の計20チームが出場。男子は3連覇を狙う東海大山形がリードし、前回3位の酒田南などが追い上げる。女子は昨年の覇者山形城北と、2年ぶりの頂点を狙う東海大山形による優勝争いの様相だ。  男子は同コースを2周する7区間42.195キロで行う。最長区間の1区(10キロ)のほか、3区(8.1075キロ)と4区(8.0875キロ)の長距離区間での安定した走りが勝...    
<記事全文を読む>