バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)県予選を兼ねた県高校選手権は27日、米沢市営体育館で男女の準決勝と決勝を行い、男子は羽黒が2年連続の優勝、女子は山形中央が30連覇を目指した山形商を破り初めての栄冠をつかんだ。

 男子決勝は羽黒と日大山形が対戦。羽黒は第2クオーター(Q)で流れをつかみ46―31で折り返し、持ち前の機動力を生かして内外から幅広く加点、93―64で快勝した。

 女子決勝は山中央と山商のカード。山中央は第1Qで19―4と大きくリード。底力を見せる山商から数点差まで詰め寄られたが、最終Qの要所でシュートを決め62―...    
<記事全文を読む>