全国高校バスケットボール選手権広島県予選は27日、広島市東区のマエダハウジング東区スポーツセンターで男女の決勝があり、男子は瀬戸内が初優勝、女子は皆実が2年ぶり21度目の頂点に立った。5月の中国大会優勝で出場権を得た男子の皆実、女子の観音とともに、12月23日に東京都で開幕する本大会に出場する。

...    
<記事全文を読む>