バスケットボールの第72回全国高校選手権(ウインターカップ)県予選は20日、船橋アリーナで男子準決勝2試合を行い、昨年優勝の日体大柏と県総体覇者の市船橋が決勝進出を決めた。

 日体大柏はダォウダ・ジャキテェを中心に得点を重ねて94-79で八千代松陰を下し、市船橋は攻守で上回って終始主導権を握り100-77で八千代に快勝した。

 男女とも決勝は26日に同アリーナで行われる。男子は優勝校が全国大会に出場する。

 【評】日体大柏が序盤に主導権を握り試合を優位に進めた。第1クオーターで広橋や飯泉らの得点でリードを広げ、動きが良くなった後半はダォウダ・ジャキテ...    
<記事全文を読む>