サッカーの全国高校選手権三重大会は26日、伊勢市の伊勢フットボールヴィレッジで準々決勝4試合があり、2連覇を目指す四日市中央工のほか、四日市工、宇治山田商、海星がベスト4入りした。

四中工は4―0で近大高専を下した。四日市工は2―0で川越を退けた。宇治山田商は2―1で津工に競り勝ち、海星は4―2で暁の追撃を振り切った。

準決勝は11月4日、東員町スポーツ公園陸上競技場である。対戦カードは第1試合(午前11時開始予定)が四日市中央工―四日市工、第2試合(午後1時半開始予定)が宇治山田商―海星。

...    
<記事全文を読む>