第98回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、山形新聞、山形放送など主催)は第5日の26日、鶴岡市小真木原陸上競技場で準決勝2試合が行われ、山形中央、米沢中央が決勝進出を決めた。

 山中央は3連覇を狙う羽黒と顔を合わせた。後半にPKの好機を得たが、相手GKに阻まれた。2倍となるシュート16本を浴びながら、延長まで要所をしのぎ、0-0のままPK戦に突入。GK舟山奏が相手5人目を止め、4-3で退けた。

 米中央は山形城北と対戦した。前半33分、FW新井康介のミドルシュートで先制し、ボール保持率を高めて主導権を握った。後半14分、左クロスに...    
<記事全文を読む>