第98回全国高校サッカー選手権県大会第8日(26日・金沢市民サッカー場=北國新聞社など後援)準決勝が行われ、3連覇を狙う星稜は桜丘を5-0で下した。鵬学園は2-2からPK戦の末、遊学館に競り勝った。
 星稜は後半の得点ラッシュで2年生主体の桜丘を撃破。千葉大護は先制点を含む2ゴールを挙げ「流れを呼ぶきっかけになった」と振り返った。
 鵬学園はPK戦で10人目のGK前原瑞穂が決めて激闘に終止符を打った。
 星稜-鵬学園の決勝は11月3日午後0時5分から金沢市の県陸上競技場で行われる。

 

...    
<記事全文を読む>