第98回全国高校サッカー選手権県大会は22日、新潟聖籠スポーツセンターなどで準々決勝の4試合を行い、新潟明訓、日本文理、北越、帝京長岡の4校が準決勝に勝ち進んだ。

 4校は昨年と同じ顔ぶれ。新潟明訓は延長前半で勝ち越し点を奪い、2-1で開志学園JSCを振り切った。日本文理は前半に3点を奪って新潟西に勝利。北越は上越勢として唯一8強に進んだ高田を3-1で下し、帝京長岡は新潟工に5-0で快勝した。

 準決勝は26日、長岡ニュータウン運動公園で北越-帝京長岡が午前10時から、新潟明訓-日本文理が午後1時半から行われる。

◇  ...    
<記事全文を読む>