全日本高校女子サッカー選手権県大会は20日、藤枝市民グラウンドで決勝を行い、藤枝順心が1―0で常葉大橘を下し、8連覇した。藤枝順心は後半3分、MF小原蘭菜が挙げたゴールを守り抜いた。
 藤枝順心、常葉大橘は全国出場を懸けて11月9、16、17日に岐阜県で開催される東海大会に出場する。
 両校は台風19号の影響で22日に延期された皇后杯全日本女子選手権東海大会3位決定戦(藤枝順心高グラウンド)でも対戦する。

 ▽決勝
 藤枝順心 1(0―0 1―0)0 常葉大橘
 ▽得点者【藤】小原

 ■小原が強烈V弾<...    
<記事全文を読む>