第98回全国高校サッカー選手権県大会第6日(19日・金沢市民サッカー場=本社など後援)準々決勝1試合が行われ、3連覇を狙う星稜は小松大谷を4-2で下し、一番乗りで4強入りした。第2試合に予定されていた遊学館-金沢学院は20日に順延となった。

 午前11時に雨中で始まった試合は星稜が2-0とリードした前半途中、雷のため中断し、午後2時半に再開した。星稜は前半終了間際に3点目を奪い、後半は白鳥橘平がヘディングで追加点を決めた。その後2点を失ったものの、危なげなく逃げ切った。白鳥は先制点を含む2点を挙げた。

 20日は午前10時から遊学館-金沢学院、正午から鵬学園-金...    
<記事全文を読む>