第99回全国高校ラグビーフットボール大会佐賀県予選は26日、佐賀市のSAGAサンライズパーク球技場で決勝戦があり、佐賀工が鳥栖工を209-0で破って38年連続48度目の優勝を果たした。佐賀工は12月27日から大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開かれる全国大会に県代表として出場する。

 佐賀工は前半3分、敵陣ゴール前のラックからHO藤田大貴が先制トライを奪ったのを皮切りに、WTBの川名琉陽や森山翔斗らが得点を重ね、前半だけで17トライ、115点を挙げた。後半も攻撃の手を緩めず、14トライを追加した。鳥栖工は相手の鋭い突破を止められず、最後まで粘りを見せたが得点を奪うことはできな...    
<記事全文を読む>