第99回全国高校ラグビー大会県予選大会は20日、山形市球技場で決勝を行い、山形中央が山形南を31―12で下し、2年連続26度目の優勝を果たした。

 山中央は前半21分に先制されたが、同28分にプロップ新関諒太がラインアウトから飛び込んでトライを決めるなどし、7―5で折り返した。後半4分にはペナルティーゴールでリードを広げた。2点差を追う展開の同18分にスタンドオフ鑓水力暉也のトライで逆転。その後はフルバック鈴木梓太と鑓水が立て続けに独走トライを決めて引き離した。

 山中央は12月27日に東大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会の出場権を獲得...    
<記事全文を読む>