関商工高校とニュージーランドのフィールディング高校のラグビー部の生徒が七日、関市グリーンフィールド中池で親善試合をした。

 フィールディング高からは十五歳以下のU-15と十八歳以下のU-18の二チームが訪問。両チームとも全国大会出場経験がある。U-15と関商工高の一年を中心としたチーム、U-18と関商工高のレギュラーチームが対戦し、いずれもフィールディング高が圧勝した。

 関商工高主将で三年波多野欄丸さん(18)は「スピード、コンタクト、気迫、スクラムなど一つ一つのプレーで強さを感じた。自分のチームが反則しても、温かい声をかけてくれたのが印象的だった」と話した。...    
<記事全文を読む>