軟式野球の秋季全道高校大会は27日、釧路市民球場で最終日の決勝を行い、道科学大高が滝川に1―0で勝利し、前身の道工、道尚志時代を含め5年ぶり10度目の優勝を果たした。道科学大高は八回に1点を挙げ、斎藤稜が滝川打線を零封して逃げ切った。

...    
<記事全文を読む>