第64回全国高校軟式野球選手権大会で、58年ぶり2校目の3連覇と史上最多10度目の優勝を果たした中京学院大中京高校の選手が1日、岐阜県瑞浪市土岐町の同校に帰り、教員や保護者ら約100人から祝福を受けた。

 選手らは兵庫県明石市の宿舎を出発し、午後2時ごろ到着。優勝旗を手にした村瀬仁紀主将、首にメダルを提げた選手がバスから降りてくると、教員や弓道部員らが拍手で迎えた。

 玄関前で、和田尚校長は「令和最初の夏の最高の締めくくりだった。感謝したい。さらに重圧がかかると思うが、土台を固め、さらに上を目指してほしい」とねぎらった。

 村瀬主将は「3連覇を達成で...    
<記事全文を読む>