サッカー女子の全日本高校選手権県予選は23日、湘南学院高などで決勝リーグ最終節を行い、星槎国際湘南-湘南学院は0-0で引き分けた。星槎が2勝1分けの勝ち点7で優勝し、3連覇を達成。湘南学院が1勝2分けの勝ち点5で2位に入った。

 両校は11月9日に群馬県で開幕する関東大会に出場。上位7校に与えられる全国大会の出場権を懸けて戦う。

「勝って優勝したかった」

 わずか数センチの差で雪辱を逃した。後半37分。星槎国際湘南は途中出場のMF野村が、ペナルティーエリア右から右足を振り抜く。シュートはクロスバーを...    
<記事全文を読む>