第98回全国高校サッカー選手権県大会(県サッカー協会、岐阜新聞社、岐阜放送主催)の開会式と組み合わせ抽選会が22日、中部学院大各務原キャンパスで行われた。

 昨年より2チーム多い57チームが出場し、岐阜清流特別支援学校が初参加する。10月5日に開幕し、7日間の日程で行われ、決勝は11月9日に長良川球技メドウ。

 組み合わせは、今夏の県総体4強の帝京大可児、中京学院大中京、各務原、関商工と、G1リーグの岐阜工、大垣工、長良、東濃実、岐阜高専を合わせた計9校がシードされた。

 優勝争いは今夏の全国総体に出場し、プリンスリーグ東海で10チーム中4位の帝京大可児が中心。昨...    
<記事全文を読む>