10月20日に開幕するサッカーの第98回全国高校選手権茨城県大会の組み合わせ抽選会が11日、ひたちなか市内で開かれ、出場校の対戦カードが別表の通り決まった。県内の1次予選を突破した30校とシード校13校の計43校が出場し、全国高校選手権(12月30日〜来年1月13日)への出場権を争う。

県総体4強がAシード、高円宮杯U-18(18歳以下)県リーグの成績を基にB〜Dシードを決めた。Aシードは3回戦から、B〜Dシードは2回戦から登場する。

優勝争いはAシードが中心になりそうだが、各校とも実力が接近しており、混戦が予想される。

...    
<記事全文を読む>