和歌山県上富田町朝来の上富田スポーツセンターで1日に開幕した第28回全日本高校女子サッカー選手権和歌山大会(県高校体育連盟、県サッカー協会主催)で、発足1年目の新宮が神島に2―1で勝ち、公式戦初勝利を挙げた。新宮は23日の決勝で、近畿大会出場を懸けて和歌山北と対戦する。

 県サッカー協会によると、県内の高校女子サッカーチームは和歌山北と神島の2チームしかなかった。高校総体や選手権大会ではいきなり決勝だったが、今回初めて新宮が参加し、計3チームでの大会になった。

 新宮高校では今年4月、男子サッカー部マネジャーで「自分もプレーしたみたい」という...    
<記事全文を読む>