22日に開幕する第98回全国高校サッカー選手権石川県大会(一般社団法人県サッカー協会、県高体連、テレビ金沢主催、本社など後援)の組み合わせ抽選会は3日、金沢市の県地場産業振興センター新館コンベンションホールで開かれた。
 県大会には合同2チームを含め40校36チームが出場し、トーナメント戦で全国切符を争う。
 県高校総体で優勝した星稜、準優勝の金沢学院、ベスト4の鵬学園、桜丘をはじめ、4校を除く高円宮杯JFA・U-18サッカーリーグ石川で上位に入った遊学館、金沢、県工、小松大谷の8チームがシードされた。
 県サッカー協会の小石一寛会長らが激励を込めてあいさ...    
<記事全文を読む>