第99回全国高校ラグビー大会岐阜県大会の組み合わせ抽選会が9日、関商工高で行われ、対戦相手が決まった。

 大会は関市のグリーンフィールド中池で10月26日に開幕。2連覇を狙う関商工を含む6校が出場し、全国大会(12月27日開幕・花園)の出場権を懸けて戦う。

 優勝争いは県新人と県総体覇者の関商工と、2大会ぶりの花園を目指す岐阜工が中心になる。

 関商工は昨年の花園でもチームをけん引した、清水健人や上野颯汰ら走力のあるバックス陣が武器。主将のロック波多野欄丸を軸としたFWも今チームは強力で、井川茂雄監督は「相手を3トライまでに抑え、それ以上に走って得点...    
<記事全文を読む>