ラグビーの第99回全国高校埼玉大会(埼玉新聞社など後援)は31日、熊谷ラグビー場で合同3チームを含む36チームが参加して開会式が行われた。

 晴れ空の下、前回王者で第6シードの深谷を先頭に、昨年準優勝で第3シードの昌平、県新人大会と関東大会県予選を制した第1シードの浦和、第2シードの川越東、第4シード立教新座などシード勢が続き、元気な掛け声と共に全36チームが入場行進を行った。

 優勝旗、優勝カップ、準優勝カップを返還した後、小島克也県高体連ラグビー専門部会長があいさつ。県ラグビー協会会長の富岡清熊谷市長は「6日に行われる日本代表対南アフリカの試合やワールドカッ...    
<記事全文を読む>