第64回全国高校軟式野球選手権大会は24日、明石トーカロ球場で開会式を行い開幕。同球場などで1回戦4試合を行い、3連覇と史上最多10度目の優勝を目指す3年連続23度目出場の東海代表・中京学院大中京は、2年ぶり6度目出場の福岡大大濠(北部九州・福岡)に1-0で勝利し、ベスト8入りを決めた。

 中京は五回、1死三塁から代打・熊崎基記の投ゴロで先制。先発の水渉夢が3安打完封で1点を守り抜いた。

 中京の準々決勝は第3日の26日、ウインク球場の第1試合(午前10時開始)で4年ぶり9度目出場の鹿児島実(南部九州・鹿児島)と戦う。

...    
<記事全文を読む>