8月上旬に熊本市であった全国高校総合体育大会(インターハイ)の剣道で「王国九州」の剣士が躍動した。

 団体の男子は九州学院(熊本)が2年連続8度目の優勝を飾り、女子は中村学園女子(福岡)が4連覇を達成。個人の男子は池田龍ノ介(福岡大大濠3年)、女子は福岡市出身の柿元冴月(茨城・守谷3年)がそれぞれ初優勝を果たした。

 福岡県那珂川市の那珂川北中3年時に個人戦で「中学チャンピオン」となった柿元は真っすぐ、前に攻める剣風に憧れ、親元を離れて関東の強豪、守谷に進学した。普段のふわりとした物腰からは想像もつかない豪打の大将として君臨した一方、全国の主要大会では宿敵の中村...    
<記事全文を読む>